小説バトン
月さんからとんでもないバトンが回ってきてしまいました。
これ、ホントごめん、マジデ。答えられないくらい活字読みません…。

でも頑張って答えてみる。



Q1:持っている本の数
  実家になら何百冊も…(自分のは数冊?w)

Q2:最後に読んだ本
  数年前にバトルロワイヤルの原作読んだ。映画見た後だから面白かった。

Q3:本を選ぶポイント(基準みたいなもの)
  読まない=買わない 基準があるとしたら…
  店頭でオススメと紹介されてる本の帯とか裏表紙の説明とか読んでみるくらい?

Q4:思い入れのある本
  特に無いけど唯一挙げるなら、親が持ってる、赤川次郎の『三姉妹探偵団』。
  自分が三姉妹だから共感持てていいです。

Q5:次に回す人(人数は任意)
  やりたい人は持ってったらいいよ。


小説に限らず、私は映画もドラマもほとんど見ません。その世界に入り込んでしまうから、
人間関係とかドロドロしてたり見ててハラハラするようなのはものすごく疲れるんですよ。
マンガとかアニメは落ちをある程度想像できるし、「しょせんマンガ」と割り切れるんだけど…
ほとんど見ないけど小説やドラマなら推理モノが多いかな。

映画なら(日本の)戦争モノが好きです。血なまぐさいのが好きってわけじゃなくてね。
戦場に出る人や送り出す人の想いとか、「もし自分がこの立場だったら」と考えると泣けます。
人としてどうよ、とか。

いろいろと考えさせられるものが好きなのかな。推理モノもそうだし。


【小説バトンから脱線しまくって余談】

10年くらい前、中学生の時にテレビで見た日本の戦争映画をもう一度見たい。
緒方直人主演?の、『聞け、わだつみの声』 第二次世界大戦の話。
「誰がこんな戦争を始めたんだ!誰が僕の友達を戦場へ行かせたんだ!」

映画の中で、逃げ回る女・子供を笑いながら撃ち殺す日本人がいた。
私がやったわけじゃないのに、同じ日本人として罪悪感にかられる。

「お国のため」と命をかけて戦争に参加した人の気持ちは、到底わからない。
映画の途中から、最後まで、ずっと泣きっぱなしだったのを覚えてる。
今見たら、また違った目線で見ることが出来るかも知れない。



これくらい感動できる小説があれば紹介して下さい。
[PR]
by seriar | 2006-02-02 20:26 | OTHER
<< ROバトン…?(タイトル不明) 自家製クリームコーヒーゼリー >>