美味いもの
寒くて熱くて体調壊れ気味。いろいろあって胃も痛い…
胃の弱い私はコンビニのこってりしたお弁当はあまり食べられない。
仕事がハードなため、家に帰って自炊する気にもなれない。

そうだ、久々にあそこに食べに行こう。



今日は、私の好きなラーメン屋さんのお話。

会社の帰りや、休日ラーメンが食べたくなった時に行く。アパートから徒歩15分。
私が行くのは平日が多いためか、いつも全然人がいない。儲かってるんだろうか…
かなり細い裏道にあるので、常連さんなど知る人ぞ知るお店だろう。
中は小さな居酒屋風で、お酒も置いてあるけど『やきとりハウス』と書いてある。
そう言えば、そこでやきとり食べたことないな、。

ある日のこと。
私のお気に入りの「うめシャンタン麺」を食べ終えて、お会計をしようと万札をだした。
「今こまかいのないから、今度来たときでいいよ~」

Σ今度っていつ来るかわかんないんだけど!?いわゆる『ツケ』ですか。
「じゃぁお言葉に甘えて…」
私はお店を後にし、慌ててコンビニでジュースを買い、戻って支払いを済ませた。
「今日じゃなくていいのに~いつもありがとね」

おっちゃんの笑顔はさわやかだった。

またあくる日。
どういう会話の流れかは忘れたけど、おっちゃんに「私は胃が弱い」という話をしたことがある。
「うめシャンタン麺」には大きな唐揚げが2つ入っているが、いつも私が食べずに残していたのを
覚えていたのだろうか。それ以来、唐揚げが入っていない。
食わない奴には食わせネェ!!とでも思っているのか…
それともメニュー自体が変わったのかどうかはわからないけれど。

「あそこのラーメン食べたことある?どこのラーメンが一番好き?」
時々、自信なさそうに他のラーメン店の話を聞いてくるおっちゃん。

「ここのラーメンが一番ですよ。」
そう答える私に、
「お世辞とか言わなくていいから~」
と照れるおっちゃん。いや、ホントにうまいよ。

名前も知らない、特に定期的に通っているわけでもない私に、色々サービスをしてくれる。
前は食後にコーヒーがでた。胃が弱いことを知ってからは、漬物だったり、お茶だったり。
どちらにしても胃にあまり良くないことには変わりないけど。

多分これからも、例え遠くに引っ越しても、近くに寄ったら私は必ずそこへ寄るだろう。
美味しいだけじゃなく、人柄に惹かれて通うお店。みんなはそういうところありますか?
[PR]
by seriar | 2005-11-25 19:39 | REAL
<< ラブラブバトン 約5千万 >>